乳首を美白するならクリームを使った方法が人気

美白したい人は?

 

乳首が黒い為に美白してピンクにしたいと考えている人は増えています。
一昔前からバストが黒や茶色をしている女性は経験人数が多いなんて男性の中では思われています。

 

そのため、まだ未経験である学生時代の頃からすでに色が黒くて悩んでいる人は多いです。
学生時代ではお小遣いも限られていますし、美白化粧品を購入するのは難しい・・・

 

大人になってアルバイトや会社に就職することである程度お金を使えるようになると乳首の美白を行う人は多いです。

 

特に医薬部外品のような厚生労働省が認めている美白成分が配合されているクリームを使った人は非常に多いです。

 

  • 効果を実感している人が非常に多い
  • 誰にもばれずに美白ができる
  • 厚生労働省が認めている安心の医薬部外品

 

以上のメリットがあるため美白クリームを使って乳首をピンクにしたいって人は非常に多いです。
誰もが思うことですが、経験人数の多い女なんて思われたくないですし、彼氏だけでなく会社の慰安旅行や友人との温泉旅行で他人に思われてしまうのも嫌です。

 

あなたも乳首をピンクにしたいと思うのなら効果を実感している人が多い美白クリームを使った方法がおすすめです。

 

乳首美白クリームで失敗しない為の選び方

 

乳首の美白クリームといっても色々な種類のが販売されています。
なかには効果がなかったなんて評判の悪いのもたくさんああります・・・

 

もしもそんなクリームを選らんでしまったら美白をしようにもピンクするなんてこともできはしません。
乳首の美白クリームを選ぶ際に注意をするのは2点です。

 

  1. 本当に効果のある美白成分が配合されているか?
  2. 奥深くまで浸透させる成分が配合されているか?

 

効果のあるクリームを選びたいのであればこの2点はかかせません。このなかでも気おつけて欲しいのが肌の奥深くまで浸透する成分が配合されているかって点です。

 

色が黒くなっているメラニンは角質層とよばれる皮膚の層の更に奥にある場所で作られています。皮膚の表面上にしか作用しない成分だと奥深くまで美白をする効果は期待できません。奥の方も色素沈着をしてしまっているのですから・・・

 

浸透力のある成分はかかせないのですね。美白成分が配合されているものの浸透力のある成分が配合をされていなかったり、クリームではなく石鹸だと水で洗い流してしまうので短時間で肌が美容成分を吸収することもできません。

 

できるだけ医薬部外品として厚生労働省が美白効果を認めているクリームで浸透力のある成分が配合されたクリームを選ぶようにしましょう。

 

使う部位によって人気の美白クリームも異なる

 

乳首の美白クリームは使う用途にもよってどれを選ぶかも異なってくる人が多いです。

 

とにかく美白効果が高いと評判のクリームが欲しい人はホワイトラグジュアリープレミアム。
陰部の黒ずみも気になっている人に人気なのであればイビサクリーム。
乳首が乾燥をしてかいてしまったことで色が黒くなった人に人気なのがヴィエルホワイト。

 

この3つは医薬部外品となっているだけあって効果を実感している人が多く人気のクリームです。
ただ、どうしたいかにもよってどのクリームを選ぶようにするかを決めていくと良いです。

 

各クリームの口コミや実際に使っている人の体験談を見たい人は「口周りの黒ずみクリームを比較」が参考になるのではと思います。

 

口周りの黒ずみを中心に解説しているサイトですが、管理人自身が悩んでいた人であり、いくつかのを実際に使って比較しているので、見やすくなっています。

 

乳首をピンクにしたいなら

 

乳首の色は若く見られる為にはかかせません。妊娠をすると女性ホルモンの乱れからメラニンが大量に分泌され色素沈着を起こします。母親の乳首の色が黒かったので濃い色をしている女性は老けて見えてしまうものです。

 

あなたがこのサイトを見ているってことは以前のわたしのように乳首の色が黒くて悩んでいるはず。

 

乳首をピンクにしたいと思っていても何かしらの美白対策をしなければ勝手に色素が薄くなるなんてこともありません。どうせ最終的に美白をするのであれば早いうちにした方が良いに決まっています。

 

後はあきらめて乳首が黒いままで一生を過ごすか・・・

 

わたしがもっと早く美白対策を行っていればと後悔をしたから分かるのですが、あきらめきれない人が多いと思います。もしもあなたが乳首の色をピンクにしたいと思っているのであれば後になって後悔する前に実践をしてはいかがでしょうか!?

 

乳首がピンクになって喜ぶ男性はいてもがっかりする人はいないはずです。

 

乳首美白クリームは保湿しかゆみも止める

 

乳首を美白したい人でかゆみが原因で黒くなってしまったのが関係をしている人も多いです。

 

乾燥した肌をかいた刺激によってメラニンは分泌がされます。そのため、乳首がかゆい人は過剰にメラニンが分泌されやすく、乾燥していることから色素沈着も起こりやすいです。

 

そのため、乳首がかゆい人は美白をする前にまずはかゆみを止める必用があります。いくら美白に有効な成分が配合されていたとしてもかゆければどんどんメラニンが分泌されてしまうので効果が期待できないのです。

 

そもそも乳首の黒ずみの原因は

 

乳首の黒ずみの原因について知ることで、より効果のある美白ケアが分かるようになってきます。
美白クリームでケアをしていても、原因を解消できていなければ、色が黒くなっていくこともあります。

 

大事なのは原因の解消をして、美白ケアをしていくことです。
乳首の黒ずみの原因となるのは刺激によるメラニンの生成です。

 

肌に刺激を与えることで、メラニンが作られ分泌されていきます。
その分泌されたのが皮膚に色素沈着をすることで、色を黒く変化をさせていくのが原因です。

 

主に乳首への刺激となるのがブラジャーの擦れやお風呂でからだを洗ってる時の刺激です。
特に乾燥をしているとバリア機能が低下をしてしまい、刺激から肌を守る役割が低下をしてしまいます。

 

そのため、乳首の黒ずみの原因は乾燥した状態で刺激を与えてしまうことと言われることが多いのですね。

 

黒い乳首をピンクにしたいなら

 

小さいころから黒い乳首だったっていう日本人はそこまで多くいません。

 

学生時代の成長期や20歳を過ぎた頃からの肌力の低下などによって、色が黒くなってしまったりします。
そのため、黒い乳首をピンクにしたいのであれば、保湿と美白の両方に加え、原因を与えないことが大切となっています。

 

但し、勘違いをしてはいけないのが、乳首の色がピンクに戻るなんてことはないってことです。

 

表皮と呼ばれる部分までは、ターンオーバーの働きで色素沈着をしても、メラニンを外に排出することができます。
しかし、更に奥の方にある真皮と呼ばれる皮膚の細胞の部分まで付いた色素はどうすることもできません。

 

一部の口コミサイトではピンクになったなんて書かれていることもありますが、騙されないように注意をしてください。
あくまで肌に優しい美白成分が配合されたのが黒ずみクリームであり、効果は保湿と美白です。

 

特別な物ではなく、この2つの効果がある美白クリームであり、真皮までは成分を浸透させることはできません。

 

乳首の黒ずみの原因から分かる経験人数の多い人は黒いのか

 

乳首の黒い女は「ヤリマン」や「経験人数が多い」と男性から嫌われがちです。

 

では良く言われるこの表現は事実なのでしょうか?

 

結論から言えば必ずしも経験人数が多いからといって、乳首の色が黒い訳ではありません。
逆に少なくとも色が黒い人もいます。

 

乳首の黒ずみの原因となるのは乾燥した状態での刺激なので、人によっては経験人数がなくても色が黒いことはあります。
また、男性経験が豊富だからといって、色が黒くなるわけでもないのは原因からも分かります。

 

但し、男性との行為の際に刺激を与えているのであれば、黒ずみの原因にもなってきます。
そのため、男性経験と乳首の黒さは事実ではないのですが、その理由を与えてしまう可能性はあるってことです。